【福島原発】福島県の牛乳、茨城県のほうれん草から放射性物質が検出

福島県の牛乳、茨城県のほうれん草から基準値を超える放射性物質が検出されたことが、3月19日16時頃、首相官邸記者会見で枝野官房長官より発表されました。

福島県の牛乳は30km強離れた地点から検出。茨城県の位置は不明とのことですが、実際に放射性物質が避難距離よりも飛散している事実が証明され、今後の風評被害が加速することが予想されます。

※3月23日の時点で、新たに複数の農作物から基準値を超える数値。下記の農作物が出荷制限されました。
【福島県】
原乳、ホウレンソウ、かき菜、キャベツ、小松菜、茎立菜(くきたちな)、信夫冬菜(しのぶふゆな)、山東菜(ベカ菜)、ちじれ菜、アブラナ、紅菜苔(コウツァイタイ)、ブロッコリー、カリフラワー、カブなど
【茨城県】
ホウレンソウ、かき菜、原乳、パセリ 
【栃木県・群馬県】
ホウレンソウ、かき菜

基準値を超える食品が健康に与える被害

今回検出された牛乳を仮に国民の平均摂取量で一年間摂取した場合、CTスキャン一回分(6.9ミリシーベルト)の被曝となるようです。
これは人が自然に受ける年間被爆量が2.4ミリシーベルトということで、それの約3倍の値です。

まだ特に懸念する数値ではありませんが、(体に影響を与える数値は妊婦・子供であれば100ミリシーベルト以上)今回は牛乳とほうれん草だけですが、現在もさまざまな食品を検査中です。他にも基準値を超える食品があることが予想されます。
さらに現在もごく微量ながら飛散し続けていると考えると、今後一刻も早く原発事故の解決をしないと風評被害の拡大は防げないものとなりそうです。

食料・食品における放射能物質の基準値について

当該食料を一生摂取した場合に問題が起きる数値

として設定された基準で、基準値を超えたとしてもただちに影響を及ぼす数値ではありませんが摂取することはあまりおすすめできません。


福島原発における基準値を超えた放射能食品の対策

まず政府の対策ですが、今後、基準値を超える放射能物質が検出された牛乳・ほうれん草の販売ロットから出荷元すべてを調査するということです。また、それの調査結果により販売するかどうかの検討をするようです。

また、現在も検査中ですが、今後も数多くの食料品を検査していくようです。

みなさんにおける対策ですが、今回牛乳とほうれん草から検出されたため他の食品でも検査中とのことで基準値を超える可能性は否定できません。

「大丈夫と発表されているけど本当に大丈夫なのか?」

そんな気持ちで混乱される方もいらっしゃると思います。
そんな場合は無理をせず、放射能物質で汚染されていないであろう海外産やレトルト食品等を購入することをおすすめします。
この時点で何よりも怖いのは放射能ではなく、現地のみなさんの精神疲労であります。地震と原発事故の問題があるのに、さらに今回の基準値を超える放射能物質の問題、精神的に疲れる前に自らが安心だと思える行動を迷わずとってください。

ただ人体に影響を与える数値ではないのも事実ですので、そこはしっかりと把握しておいてください。

さらに現地の農家や食料品関係の方々、この問題によりかなりの風評被害が広がることが予想されます。
長く厳しい戦いになることだと思います。みなさん自らが率先して検査を依頼し、問題がないということを証明していきましょう。

追記:1都5県と福島県から放射性物質が検出。福島県の水道水は基準値超え

東京都を中心に1都5県の水道水より人体に影響がないレベルの放射能物質が検出。国の基準値(300ベクレル)に対して、栃木県77ベクレル、群馬県(2.5ベクレル)、東京都(1.5ベクレル)、千葉県(0.79ベクレル)、埼玉県(0.62ベクレル)、新潟県(0.27ベクレル)が検出されています。

さらに福島川俣町の水道水から基準値を超える放射能物質が検出されました。
福島県の水道水に関しては飲料は控えるようにしてください。生活用水と使うのには問題はないようです。

3 thoughts on “【福島原発】福島県の牛乳、茨城県のほうれん草から放射性物質が検出

  1. いつも的確な解説ありがりがとうございます。
    勝手ながら拝見させていただいています。
    報道では本当が何かわからない今、自分で正しい情報を選択して判断しなければならない現状で、毎日不安がつきないです。
    私は現在東京都に在住ですが、本日(3月19日)21時頃テレビの字幕スーパーで1都5県で水道水に放射能物質が確認されたとの報道がありました。
    現在、牛乳やほうれん草に放射能物質が確認されたの報道があり、水は大丈夫なのかと思っている矢先でした。
    こちらのホームページを震災後から拝見させていただいており、1番説得力のある見解だと思っております。
    そこで初めてのコメントで失礼ながら質問させていただきたいのですが、放射能物質が飛散されている今、水道水は大丈夫なのでしょうか?政府の見解では健康に影響のないレベルとの発表ですが信用できません。
    お忙しいと思いますが、もし何か情報があれば教えていただければ幸いです。
    毎日不安な中、このホームページでの情報で真実を教えていただいているような状況でとても感謝しております。
    初めてのコメントでいきなり質問をして失礼と思いますが、解りますようならば宜しくお願いします。

  2. おはようございます。今日は20日日曜日です。私の住んでいる市は地下水を上水道と使用しています。飲料水としてより危険性が高い気がします。そこのところはどうなのでしょうか?

  3. >nonnさんへ
    ブログを見ていただき、誠にありがとうございます。
    水道水に関しましては個人で計測されているという情報がありませんので、やはり政府の情報のみが情報源になってしまします。
    また、福島県の水道水で基準値を超える放射能量が測定されましたので、今後水道水に関しては注意深く定期的に検査されるだろうと予想されます。現在は政府の発表を信じるしかありませんが、もし、水道水に関して政府以外の情報があった場合すぐにお伝えさせていただきます。

    >rari-mamさんへ
    コメントありがとうございます。
    地下水として利用されている地域では、放射能物質の廃棄物が地下水を汚染していたという事例は実際にドイツ等で問題になったことがありました。今回のケースではすぐに影響が出るとは考えにくいですが、放射能物質を埋立て等した場合は、周辺の地下水が汚染される可能性は少なからずあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。