【詩】最後だとわかっていたら

最後だとわかっていたなら

アメリカのノーマ コーネット マレック という女性が、わが子を亡くしたときに書いた詩を紹介します。

いつも愛する人へ気持ちを伝えるのが苦手な人にぜひ見てもらいたい詩です。

最後だとわかっていたら 日本語訳 全文

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 抱擁や キスをするための 
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのか

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

『最後だとわかっていたなら』(サンクチュアリ出版)より

最後だとわかっていたならの詩について

この詩の作者は、2001年のアメリカの同時多発テロで、貿易センタービルに一機目が激突したあと、救助のために最初にビル内に突入した数百名のレスキュー隊のお一人で、行方不明になってしまった29歳の消防士との噂が流れましたが、実はそれは誤報で、実際はアメリカのノーマ コーネット マレック という女性が、わが子を亡くしたときに書いた詩のようです。

なぜその誤報が流れたかと言うと、9.11同時多発テロで誰かがメールでこの詩を流し、それが人から人へチェーンメールのように伝わっていったからだと言われています。

詩の最後の文の
だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

という文が特に作者がこの詩を読んだ人達に伝えたかったことです。

この詩を見てちょっとでも何か感じるものがあったのなら、愛する人へ「愛してる」と伝えてみませんか?

伝えなくてもわかることもありますが、改めて伝えることでさらに奥深くの感情が伝わるような気がします。

私も今日は母親に「ありがとう」を伝えてきます。

4 thoughts on “【詩】最後だとわかっていたら

  1. 自分も書店で読んでみました。思わず涙が落ちそうに…笑
    明日が来るのは必ずしも絶対という事ではないんですね。一日一日を大切にし最愛の人に思いを伝えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。