福島原発の放射能海洋汚染範囲について

福島原発周辺の海から3355倍の放射性ヨウ素が検出され、海洋汚染の問題が表面化してきました。
ここまでの海洋汚染は世界でも類を見ないほどだと言われていますが、実際にその汚染範囲と、海洋汚染についての説明をいたします。

海洋汚染範囲と被害・危険性について

まず、現在の汚染ですが、仮に海水を2.5リットル飲むと20msvの被曝になると言われているほどの汚染と発表がありました。
さらにまだ現在も放射能物質は海へ流れていて徐々に汚染範囲が広がっていっています。
福島原発から南へ50kmの位置の海水でも基準値を超える濃度が検出されました。

おそらく原子炉内部の放射能汚染された水が地下水などに浸透し海へ流れ出ているものと思われます。(本日の検査で地下水の汚染が確認されました)

さきほど海の汚染は福島第一原発の2号機の施設内部のピットの側面に亀裂が入っていて高線量の水が海に流出しているとのことが判明いたしました。ピットとは電源ケーブルを通しているところ(1.2m×1.9m、高さが2m)でコンクリート壁、トレンチとつながっている。 流れ出ている汚染水は1000msv以上の高濃度汚染水。直接防波堤内に流れこんでいる模様、さらに防波堤内のモニタリングはされていなかったため実際どの程度汚染されているのか不明のようです。

海洋汚染されると、海の植物や魚に取り込まれ、食物連鎖により放射能物質が濃縮され、汚染された魚が市場に出回る可能性があります。 
現時点では検査の結果、まだ魚から放射能物質は検出されませんでした。
漁業の停止等の処置も必要なしとのことですが汚染が続くようであれば、漁業の方、または市場での魚の風評被害等は計り知れないものになる可能性があります。
先日発表されました土壌汚染の問題でも、ほうれん草がまったく売れなくなっているようです。

現時点での人体への影響ですが、魚等がまだ汚染されておりませんので、現時点では人体への影響はほとんどないでしょう。

福島原発の海洋汚染はいつまで続くのか

海洋汚染の問題が解決するのには、まず現時点での海への放射能物質の漏れを修復しなくてはなりません。
ですが、今後の解決のメドがたっておらず、原子炉内部へも近づけない状態であることから、いつ解決するのかは正直判断できないところではありますが、解決までの年月は3年~5年ほどの長期間かかるとの意見が多いです。 
原発問題が長期化することがほぼ確定的となっておりますので、今後は周辺の土壌汚染と共に海洋汚染が問題視されると思われます。

7 thoughts on “福島原発の放射能海洋汚染範囲について

  1. はじめまして。
    私の身内が現在も福島第一原発に勤務しています。
    すでに、いくらかの内部被曝をしていると思われます。
    そして、福島のいわき市には多くの親戚がいます。
    そのうちの一人は赤ちゃんのパパです。
    一度、横浜まで家族で避難してきましたが、
    赤ちゃんとママを残して、
    パパだけが、仕事の為いわき市に戻りました。
    今、原発が事態収束への作業中なので判断できませんが、
    私としては、空気と水への放射性物質の流出がおさまれば、
    口に入る食品等に気をつければ生活できるのかも・・・と思ったり、
    でも、収束するまでの数年間、ずっと放射性物質の漏れが続くのなら・・・と、
    親戚に「頑張って」とも言えず、迷っている親族に何も言えずにいます。
    収束までの間、ずっと放射性物質の漏れが続くと考えた方が良いと思われますか?

  2. >AYUさんへ
    現場は私が知る限りの範囲ですが、報道されている以上に過酷だと存じます。
    福島原発勤務の方の勇気ある行動に感謝を申し上げます。
    収束するまでの放射能漏れですが、今後の作業で飛散しないように原子炉の損傷を完全に修復できればいいのですが、完全に修復できるかどうかという点と、修復できても修復作業に入るまでに、まず内部の汚染水を除去し、作業できる状態にしてから修復作業になるためそれまでの間は流れ出ることになります。
    いわき市に在住だとのことで、つい先日SPEEDIの情報で屋外活動をした場合の被爆量が発表されていましたが、かなりの濃度の放射能物質が飛散してきていた場所です。
    土壌汚染の問題が深刻だと思いますので、AYUさんのおっしゃるとおり気をつければ生活できるだろうとは思いますが、正直なところ子供等が安心して砂遊びなど屋外で元気に遊べるかという点など、今後生活していくうえでまったく障害がないとは考えにくいと思います。

  3. 社長様

    お忙しい中、丁寧なご回答ありがとうございます。

    出産を前に転居するしかないのではと悩んでいたので、
    少しほっとしました。

    今一番知りたいこと、ニュースでは分かりにくいことを
    こうして発信して頂けること、本当に感謝いたします。

    どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

  4. >ネコさんへ
    いえいえこちらこそブログを見ていただきましてありがとうございます。
    少しでも情報をお伝えしていきたいと思っています。
    よろしくお願いします。

  5. 初めまして。
    ブログ拝見させて頂きました。
    とても良い情報で助かります。

    早速ですが、質問させていただきます。
    (誰に聞いていいのか分からなかったので…。)

    今後、福島原発で爆発等は起こる可能性はありますか??
    もし爆発したらどの程度の地域で汚染されてしまうのでしょう(>_<)

    現在我が家に乳児がいる為、とても不安な毎日を過ごしています。
    私が住んでる地域は原発から約200キロ離れているので、福島の方達に比べれば
    とても安心なのかもしれませんが、やはり我が子を思うと心配です。
    外出もほとんど出来ず、家で一日中過ごしています。
    食材等の買い物は、海外の気象庁が出してる「放射能物質拡散予想」を見て、
    比較的安心できる時間帯に急いで行ってます。
    今後の日本がとても心配です。
    お忙しい中申し訳御座いませんが、宜しくお願いします。

  6. >ヤスさんへ
    今後の爆発の可能性についてですが、現時点でも可能性は低くなってきておりますが、やはりあります。
    爆発の可能性は2つあり、水素爆発と水蒸気爆発です。
    現在原子炉内部で水素が発生しており、これが酸素と反応することで水素爆発の危険がありますので、現在政府が窒素を注入し、水素爆発が起きないように対策をしております。
    また、現在行っている冷却はまだ安定しておりませんのでもし冷却ができなくなると原子炉内部が完全に溶けてしまい、内部から燃料が出てしてしまい、水と触れることで水蒸気爆発の危険性があります。
    爆発の度合いと風向きによって汚染範囲は異なるので、一概には言えませんが、水蒸気爆発の場合はチェルノブイリ原発事故と同様で半径300kmまでの汚染は免れないと思います。
    チェルノブイリ原発事故では風向き次第で700kmの地点での汚染も確認されております。

  7. 国・原子力保安委員・東京電力株式会社、
    これでいいのか?
    落胆的な考えを並べて言っている、だけじゃないのか?
    福島の産業全て、潰してしまった。
    原発開発の時、住民の反対を押し切り、安全と言い切った人に言いたい。安全と言ったなら、安全でしょう、すぐ直して、ください、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。