アメリカの米兵「被曝」東電を連邦地裁に提訴

アメリカから東日本大震災時に「トモダチ作戦」と題して派遣された米兵の内8人が、東京電力福島第1原発事故の影響が正確に伝えられず被ばくし健康被害を受けたとして、同社を相手に計1億1千万ドル(計約94億円)の損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁に起こしました。

米兵「被ばく」東電を連邦地裁に提訴のニュース

引用:共同通信

東日本大震災後、三陸沖に派遣された米原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員8人が27日までに、東京電力福島第1原発事故の影響が正確に伝えられず被ばくし健康被害を受けたとして、同社を相手に計1億1千万ドル(計約94億円)の損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁に起こした。米メディアが伝えた。

乗組員らは、米軍による被災地支援の「トモダチ作戦」で急派され、搭載機が発着する飛行甲板などで作業していた。
東電によると、事故収束作業をめぐり、海外の裁判所で同社が訴えられたケースはないという。

One thought on “アメリカの米兵「被曝」東電を連邦地裁に提訴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。