東京都新宿区のkiyomanさんツイッターでセシウム内部被曝を公表。

東京都新宿区でサラリーマンをしていたkiyoman(ツイッターでのニックネーム)さんという方が北海道がんセンターで検査の結果内部被曝していたことを公表し話題になっております。

福島原発周辺ではなく、事故当初は東京都でしかも京都、四国へ避難され、さらにマスクをつけたり日々内部被曝に気をつけていたというkiyomanさんでさえ内部被曝していたという事実にショックを受けました。

より多くの方へこの事実を知っていただきたいと思い、ご紹介させていただきます。
kiyomanさんのこれまでのツイッターでの発言や、放射能被曝時の低線量障害をまとめましたのでご紹介いたします。

kiyomanさんツイッターで内部被曝を公表

kiyomanさんの発言

北海道がんセンターで、ホールボディカウンターを受けてきました。測定結果、内部被曝していました。 セシウム137が、868bq セシウム134が、6373bq ヨウ素は測定限界値(200bq)以下で、ND はい。セシ人でした…

検査結果画像
ボールボディカウンター内部被曝検査結果

考えられる被曝原因

なぜ避難し、被曝対策をされていたkiyomanさんが被曝されたのか?

原因特定はとても難しく、一概には言えません。ですがやはり東京新宿区に住んでいて京都へ避難したにもかかわらず内部被曝していたということは想像以上に放射性物質は飛散していたんだということだけはわかります。

予想できる原因としては、
「爆発時に飛散した放射性物質を空気中から取り込んでしまった」
「食事をしたときに食品が汚染されていた」
ということが考えられます。

kiyomanさんでさえ内部被曝していた事実をみなさんはどのように考えられますでしょうか?

印象的なkiyomanさんのツイート

最後に、kiyomanさんのツイートでとても印象的な言葉をご紹介いたします。
避難を考えられている方はぜひご参考にしていただきたい言葉です。

  • 被爆症状がでないと、避難ってできないもんなのかな… 子供は宝物。それが分かれば簡単じゃない?
  • 放射能から避難した人の中に、避難した事を後悔してる人いる? いるわけないよね。 北風のシーズンがくる前に避難が、イイと思うけど…。
  • 家族の健康を考えれば、避難なんて超簡単なんだけどな。 モノが溢れて豊かになると、 「失いたくない!」という強い感情が、正常な判断を下せなくするんだろうか…。
  • 親しい友人に別れを告げ、安定した仕事を辞め、車を譲り、無職になってまで避難する。 いいよ、別に… 子供が心身共に健康であってくれればね。
  • 私の場合は電話で30分でした。「もしこのまま東京で暮らして、もし子供が病気になったり死んでしまったら、自分を呪うと思う。」と伝えると、「子供を守るのが親の務め」という返事で、簡単でした。 まぁ、仕事のことは今でも心配してますけど…。
  • 子供は人類の宝物。 皆さん北風が吹く前に、避難して欲しい。 避難なんて、マジ簡単だから!
  • ガンになる原因は様々です。 化学物質、成長ホルモン、煙草、エアコンのカビなど…その中の一つに放射能もある。 将来、私たちがガンになっても、いったい何が原因でガンになったのか特定は難しい。 低線量被曝のデータもないし…←どうせ隠蔽だろうけどさ! 子供が、ガンになったら嫌だな。
  • 先生も心配しなくてもいい。というようなことをおっしゃってました。ただ、それが一カ所に集中して溜まったらどうだ…だとか、内部被曝は外部被曝の数千倍の影響があるだとか… ようするに、何も分かっちゃいなくて、ただ、実際にはキエフだとかで大変なことが起きてるわけで…

kiyomanさんのツイッターはこちら

http://twitter.com/#!/kiyoman5

kiyomanさんも感じていたという放射能被曝時の低線量障害についてはこちら

One thought on “東京都新宿区のkiyomanさんツイッターでセシウム内部被曝を公表。

  1. 北海道がんセンターではこういう検査していないって事で、写真の捏造ばれたでしょこれ。本人もアカウント削除で逃走しているし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。