低線量障害とは?(放射能被曝の初期症状)

全国で、今まで鼻血が出たことがなかった児童が鼻血か止まらない、のどが痛いなどの症状がかなりの数寄せられてきております。
これはもう偶然ではなく、放射能被曝の初期症状として現れる症状だと言われております。

ちょっとだけの被曝では問題ない!という政府皮の発言がありますが、
広島の原爆患者を見続けてきた肥田内科医がUstreamでの生放送で言った言葉。
「0.1μSVで被爆する」のような意見もあります。

低線量でも細胞を傷つけ、異変が起こる可能性があります。
ではそれはどういった症状が出れば被曝を疑ったほうがいいのかを詳しく記載いたします。

低線量障害とは?(放射能被曝の初期症状)一覧

  • 鼻血が出る(鼻血が止まらない)
  • のどが痛い
  • 倦怠感(だるさ)
  • 咳が出る
  • 熱が出る
  • 鼻水が出る
  • 女性は生理周期がずれたり異常が起こる

などが挙げられます。

風邪とよくにた症状、でもそれぞれ風邪とは少し違和感があるようです。
鼻血が一週間続いたり、どろどろの鼻水が出たり。

いつもと何か違うと思って病院へ駆け込んでも、「風邪でしょう」と言われ、被曝かどうか特定できない。
普通の病院で放射能内部被曝の検査はできないので、専門の病院へ行き、ホールボディカウンターという検査道具を使い検査するしかありません。

特に子供でこのような症状が現れた場合、注意が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。