ビートたけしのTVタックルで福島原発について生放送!動画と詳細

ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)で6月6日に福島原発について2時間スペシャルが放送されました。
そこで福島県の被災者や町長が中継で政府への怒りの気持ちを発言したり、出演した自民党議員が民主党政権の批判をしたり、情報開示を訴えたり、生放送ならではの内容のある番組だと思いましたので、その動画と詳細を記載いたします。

ビートたけしのTVタックル2時間スペシャルの詳細

テレビ朝日「ビートたけしのテレビタックル」番組情報
TVタックル緊急生放送2時間スペシャル!!震災復興!!原発危機!!そして政治不信!!日本に未来はあるのか!?原発・復興そっちのけ!?政局やってる場合か!!SP 阿川&大竹が福島へ!2人が見た被災地は…

【出演者】
レギュラー出演者:ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと
ゲスト出演者:三宅久之、岸博幸、福岡政行、古賀茂明 原口前総務大臣ほか
ナビゲーター:江口ともみ

内容概要

  • 福島の学校では土を除去したが、保管しておく場所がなく、運動場に積まれて近づけないことについての議論。
  • 被災者から政府への怒りの声「日本の半分が被災しているのになぜもっと政府が一丸となって対応してくれないのか!きちんと対応してほしい。」や「原発の事態は予測がつかないもので難しいものだとわかっているが、なぜテレビでは笑って発言したりしているのか?私たち被災者は毎日必死で生きている。」などの被災者の声
  • 大連立について
  • 自民党はきちんとした情報開示を国に求めている。
  • 阿川&大竹が福島へ行き、被災地訪問。

実際に被災者が政府へ向けて発言した数々が印象深いです。

ビートたけしのTVタックル2時間スペシャルの動画

現在放送直後ということもありWEB上に動画が見つかっておりません。見つかり次第記載いたします。

2 thoughts on “ビートたけしのTVタックルで福島原発について生放送!動画と詳細

  1.  題につられてずっと見てました。
    家内は途中でチャンネルを替えたがってましたが制して最後まで見ました。

    「被災者」の方々が直に被害地から政治家に向かって発言された価値は
     あると思いました。 
    印象として申し訳ないのですがタケシの「茶番劇」にしか映らなかったです。
    特に番組最後の1分の時間でタケシが指名した鳩山首相似の芸人が出てきて、
    顔をゆがめながら、ふざけた調子で腰を折って「国民の皆様、申し訳ありません」
    と発言した時には、心の芯からの強い怒りを覚えました。

     被災者の方々はそんなふざけた番組と思い出てきた訳ではない筈。
    無言でしたが、被災者の方々の固い表情に強い怒りが感じ取れました。

     ある意味、東京の”本部”と被災地の温度差、距離を示したと言えます。
    民間放送でもありスポンサー無しで番組は作れませんが、この番組を最初に
    企画した方はそういう思いで企画したのでは無かったと信じたいです。

     東電の力はマスコミを政治を歪める程に、ちっぽけな人間など抹殺
    する程に強いのですね。改めてそう思いました。

     俳優の山本太郎氏の発言もテレビなどでは殆ど流れませんが、氏の
    発言は事実です。
    今、直ぐにでも行わなければいけない事は原発の被災地から逃げる事
    です。

    高校の物理の教科書を読んでも判ります。
    放射線は3種類あります。
    それぞれ半減期(毒性が消えるまでの時間)が異なります。
    一番短いのが”ヨウ素”。これは1週間程で消えます。
    一番長いのが、”セシウム”。これは2万4000年です。

    最近の学術調査で、福島県沖、茨城県沖の海溝の底からも、基準値を
    遥かに数百万倍も超えた量のセシウムが検出されています。

    申し訳ないが打つ手がありません。
    現代の科学技術の力では解決する方法がないです。

     「いつになったら戻れるのか」との被災地の方の発言があります
    が、『殆ど永久に元の土地で暮らすことはで出来ません』
    それが、『事実』と思います。
    24000年はエジプト文明からの5倍の時間です。

     今、すぐにでも行わなければいけない事は「被災地から逃げる」事です。
    とにかく福島の未来のある子供達を救わなければなりません。
    また、いつか続きを書きます。

     日本の皆さん、海外メディアの放送にも目を向けましょう。
    アメリカのCNNなどは日本語のホームページもあります。
    そこに何が書かれているか、読んだ方が良いです。

    申し訳ないですが、日本のメディアは本来の報道機能を持ってません。
    戦前の大本営放送と同じです。

  2. 原発は順次廃止すべきです。電力会社は国から補助をもらうために電力会社に群がるゼネコン政治家はグルになって原発は安全クリーン安いなどといって国民をだましてきました。震災後は事故の事ばかり言っていますが、正常運転していても原発のごみは大量に出ています。いくあてのない大量の放射線を含んだごみが行くあてもなく、六ヶ所村にあります。廃炉になった原発を処分するとなると膨大な瓦礫が出ます、壊す過程でも放射線を撒き散らします、その瓦礫を何処へ持っていくかも問題です。という訳で安くて決して安くて安全ではありません。ドイツは2022年までには全廃すると言うのが正解だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。