沖縄 久米島沖で爆発音 きのこ雲

久米島沖で爆発音 きのこ雲

久米島の北の沖で大きな爆発音とともにきのこ雲のような煙があがっているのが目撃されて話題になっています。

目撃情報が多数あるようで、大きな音がして地面が揺れたあときのこ雲のような煙が高く上がったとのことです。
地面が揺れるほどの爆発ということで何かの実験の可能性など憶測が飛び交っています。

実際に撮影された動画と証言を掲載します。

沖縄 久米島沖で爆発音 きのこ雲の動画

沖縄 久米島沖で爆発音 きのこ雲の証言

久米島の北の海岸近くで目撃した男性によると、21日午前10時半ごろ、「ドン」という大きな音がして地面が揺れたあと、島から北の方角の沖で、きのこ雲のような煙が高く上がっていたということです。
島の北およそ28キロの沖にはアメリカ軍の鳥島射爆撃場がありますが、男性は「長年、久米島に住んでいるがあれほど大きな噴煙を見たのははじめてだ」と話しています。

久米島の北東方向に位置する渡名喜島の役場にも住民から同様の情報が寄せられていますが、沖縄防衛局は、「アメリカ軍側から特別な訓練をやっているとの情報提供は受けておらず、確認もできていない」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。