営業トーク

自分に営業は向いてない!!!
もともとわかってたけど今日はっきりとわかった。

営業で仕事を取ってくる場合、契約金額や契約内容を決める話し合いが必ずあるけど、もともと話し合いで金額を決める場合の基本はどれだけ自分の会社をでかく見せるかが重要で、それによってもらえる金額の値段が決まるといっても過言ではない。

みんな足元を見られないように大きく出る。
それが嘘だとしてもみんなできるだけ大きく出る。
一度決まればそれが達成せずとも金額はもらえるし、気にしないところが多い。

それが自分には無理で、気持ちよく取引がしたいから向こうの主張聞きまくりで、足元見られまくり。

今回の仕事なんか、引き受けたらかなりの収入がマイナスになる仕事やった。
引き受けてマイナスになる仕事なんかさすがに出来へんから、さすがに断ったけど。
それでも利益0の仕事でもその会社を尊敬してるから引き受けたりしてる。
自分は向こうの会社からすれば安く仕事してくれるだけの人かもしれない。

それでもその分野で日本一のネットワークを持つ企業と仕事ができるならと思ってやってきたけど、それがモチベーションアップにもつながったし利益0でも得るものは多かった。

そう、今の自分には利益よりも、その会社と共に仕事をすることをとってしまう。
なるべく金銭面でわがままを言わず、基本的になんでも引き受けてしまう。

別に自分のやっている事業がそんな安っぽいことやとは思ってないけど、もっと金ください!っていうのを言うのはなんか苦手やなぁ。

この方法をやればどれだけの利益が出る!っていう話し合いは得意やけど、だからこんなけ金ください!って言うのは苦手。

何かいい方法はないかな。

足元見られまくり状態やし、自分はやっぱ将来営業マンにはなられへんなって思った(笑)

2 thoughts on “営業トーク

  1. 気持ちよく仕事をしたいという心理には

    継続的な信頼関係を築きたいということでは?
    そして少しずつ相手に理解してもらいながら拡張する

    営業じゃなくてそれが商売というものじゃないでしょうか?

  2. >それでいいのださんへ
    コメントありがとうございます。
    そうですね、信頼関係を築くことが大事ですよね。
    まだまだ未熟なのでもっと勉強していきます!
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。