広島に住む女性の母乳から放射性物質が検出

内部被曝(ひばく)防止に取り組む市民団体「繋(つな)がろう広島」 は11日、広島に住む女性1人と東京から避難してきて広島に住んでいた人の母乳から放射性物資が検出されたことを発表しました。

これは、流通している食品から被曝した可能性が高く大変衝撃的なニュースです。

広島に住む女性の母乳から放射性物質が検出された詳細
10月上旬、 内部被曝(ひばく)防止に取り組む市民団体「繋(つな)がろう広島」 が広島に住む震災後に関東地方から広島県内に避難してきた4人と、震災前から同県内に住む2人の計6人を対象に実施。、それぞれ100ccの母乳を採り、同大大学院工学研究院の静間清教授が検出器で調べた。

その結果、いずれも30代の東京から避難してきた人ともともと広島に住んでいた人の計2人の母乳から微量の放射性セシウムを検出した。
厚生労働省が定める牛乳・乳製品の放射性セシウムの暫定規制値(1キログラム当たり200ベクレル)を母乳の指標を大幅に下回っているというが、具体的な数値は発表されていない。

「以前から県内に住む1人は食材からの摂取の可能性がある」とみて継続検査する。

同団体の三田拓代表は「行政には母乳や尿の検査態勢を整え、食品の放射線量の測定場所を設けるよう求めていく」としている。

ニュース記事元「中國新聞」
http://goo.gl/LiHzO

全国に広がる内部被曝の危険性・流通している食品は安全ではない事実

今回、福島原発から遠く離れた広島にもともと住んでいた女性の母乳放射性物質が検出されたことで、全国に流通している食品による内部被曝がほぼ確定的となりました。

また、今回の検査対象は東京から避難してきた4人と、もともと広島に住んでいた2人です。
これだけ少ない検査の中で2人も検出されたということは、もっと膨大な数の人々が内部被曝している可能性が高いということです。

また、母乳から子供へさらなる内部被曝を呼び、子供は放射性物質による影響が大きいので、将来的なガンなどの危険性を含んでおります。

現在はガンの発生等についてあまり世間からは危険視されていないですが、将来的に日本中で福島原発事故の影響による子供のガン等による多大な被害が出る恐れがあります。

母乳から放射性物質が出た場合、赤ちゃんに飲ませると危険です。
粉ミルク等であげましょう。下記の記事が参考になるかと思います。
水道水汚染時にミネラルウォーターから乳児・赤ちゃん用ミルクの作り方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。