北朝鮮の核ミサイルがもし東京に落ちた場合の被害範囲

北朝鮮ミサイル被害範囲(東京)

北朝鮮のミサイルがもし東京に放たれた場合の被害範囲をシミュレーションした動画が話題になっておりますのでご紹介させていただきます。

北朝鮮とアメリカの緊張が続く中でアメリカの同盟国である日本にミサイルが飛んでくる可能性が万が一にも出てきました。
実際に首都である東京が北朝鮮の核ミサイルに狙われた場合の被害想定を把握しておくことは万が一のために必要であると思います。

北朝鮮の核ミサイルがもし東京に落ちた場合の被害範囲の動画

北朝鮮の核ミサイルがもし東京に落ちた場合の被害範囲の解説

動画では東京駅上空で爆発した場合の想定

爆心地6km圏内
衝撃波:ビルなど頑強なコンクリート建築が壊滅
生存確率:極めて低い
北朝鮮ミサイルの被害範囲東京駅から6km爆心地14km圏内
衝撃波:一般家屋が壊滅
北朝鮮ミサイルの被害範囲東京駅から14km爆心地21km圏内
衝撃波:木造物が発火
北朝鮮ミサイルの被害範囲東京駅から21km

爆心地34km圏内
衝撃波:ガラスが粉砕
熱線:ケロイドなど深刻な火傷、すくに処置を受けないと危険
北朝鮮ミサイルの被害範囲東京駅から34km実際にこれらの被害想定が100%正しいとは限りません。
また、実際にミサイルが飛んできても撃ち落とせる可能性のほうが高いといわれており、このような被害が起こる可能性はかなり低いとは思われます。
ただ、万が一のときに各々が判断して行動できるように少なからず役に立つ知識ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。