菅直人首相「脱原発宣言」

菅直人首相が13日の記者会見で「脱原発宣言」をしました。
野党だけでなく、民主党内部からの批判までも受けている菅直人首相ですが、日本のトップである首相が、脱原発を名言したことで、大きな話題を呼んでいます。

菅直人首相「脱原発宣言」の詳細

菅直人首相は13日記者会見し、東京電力福島第1原発事故を受けた今後のエネルギー政策について「段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもきちんとやっていける社会を実現する」と述べ「脱原発」を表明した。

ただ時期など具体的目標はなし。
定期検査で停止している原発の再稼働がなくても「節電や自家発電活用などの協力が得られれば、今年夏と冬の電力供給は可能だ」と強調ました。

脱原発を掲げる理由については「事故のリスクの大きさを考えたとき、安全確保というだけでは律することができないと痛感した」と説明。同時に「必要な電力を供給するのは政府の責務」として、電力供給に関する計画案をまとめるよう関係閣僚に指示したことを明らかにした。来年以降の電力確保では「天然ガスを活用した発電所などを含めて計画を立てたい」と発言。

「パフォーマンスなだけ」「何か実績を残したいだけ」と批判の声もありますが、国民が求めていた脱原発を目標としてくれたことは素直に嬉しく思います。

脱原発への大きな大きな一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。