米大統領選】オバマ氏が再選の勝利宣言演説とロムニー氏の敗北宣言演説

オバマ再選

オバマ氏とロムニー氏が繰り広げた米大統領選は、米東部時間の同日午後11時すぎ(日本時間7日午後1時すぎ)に民主党のオバマ大統領が激戦州オハイオでの勝利を確実にし、共和党のロムニー候補を破って再選を決めました。

オバマ氏とロムニー氏が繰り広げた大統領選はかなりの激戦でした。
オバマ氏はオハイオ以外でも激戦となっていたニューハンプシャーやアイオワ、ウィスコンシン、コロラド、バージニアの各州を制して勝利。
激しい接戦が予想されていたフロリダ州では互角の情勢が続き、開票率97%の時点で得票率はオバマ氏が50%、ロムニー氏が49%と本当に僅差でした。

オバマ氏の勝利宣言の演説とロムニー氏の敗北宣言の演説をそれぞれ記載いたします。

オバマ氏勝利宣言 演説

オバマ大統領は再選を確実にした後、シカゴで勝利宣言を行った。
大統領は演説の冒頭で合衆国憲法を引用し、

「完全な連合体を形成するというわれわれの務めが、今夜皆さんの力によって前進する」

と宣言。
「われわれは苦楽をともにするひとつの家族」「最高の米国はこの先にある」と続けて喝采を浴びました。

続いて大統領選の相手のロムニー氏に「拍手を贈ろう」と呼び掛け、バイデン副大統領にも感謝の意を表しました
さらにミシェル夫人の名を挙げ、「米国民が私と同じように君に恋するのをみて、最高に誇らしかった」と話し、さらに選挙チームやボランティアスタッフをたたえる言葉を続けました。

ロムニー氏敗北宣言 演説

オバマ大統領に電話で祝意を伝えたあと、ボストン市内で敗北宣言を行いました。
副大統領候補のライアン下院議員やアン夫人ら家族、陣営幹部、さらに全米の支持者へ感謝の言葉のあと

「私は米国を信じる。米国の人々を信じる」

との言葉に、大きな拍手がわき起こった。
「私たちは精一杯闘った」と選挙戦を振り返り、

「大統領として米国を率いることを強く望んでいたが、国民は別の指導者を選んだ。今は皆さんとともに、大統領と米国のために祈りたい。米国に神のご加護を」

と敗北宣言。

社長ブログが始まったのはオバマ氏当選の日

この社長ブログが始まったのはオバマ氏が当選した日でした。

→「オバマ大統領就任と同じ日に社長ブログ始めました

約4年間これまで世の中にはいろいろなことがありましたね。
さらに4年後も続けていれるよう更新し続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。