親ロシア派がマレーシア旅客機撃墜、ウクライナ高官情報

マレーシア旅客機

マレーシアの旅客機が17日、ウクライナ東部上空で地対空ミサイルによって撃墜されたという情報が入ってきました。
ロシアのインタファクス通信がウクライナ内務省高官の情報として報じたもので、撃墜したのは親ロシア派のミサイル攻撃とのことです。

これにより乗客280人と乗員15人の合わせて295人全員が死亡しました。

親ロシア派がマレーシア旅客機撃墜の詳細

内務省のゲラシェンコ氏によると、撃墜された飛行機は、アムステルダム発クアラルンプール行きのボーイング777型で、ドネツク市近郊に墜落。
複数のウクライナ当局者は、地元住民が墜落した機体の残骸を発見しました。
マレーシア航空は、短文投稿サイト「ツイッター」上で、アムステルダム発のマレーシア航空17便との交信が途絶えたとした上で、「機体が最後に確認された地点はウクライナ上空だった」と明らかにしています。
ヤツェニュク首相の報道官によると、首相は今回の事故を重く受け止め、調査を行うよう命じたと報道がありました。

ミサイルを誤射した今回の事件ですが、旅客機を撃墜したとのことで、295人もの民間人の命が失われてしまいました。
文字だけなので実感がわきませんが、よく考えてみると凄く恐ろしい事件です。

マレーシアとロシアの国際問題に発展するのではないかとみられています。
今後情報が入り次第追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。