クリーヴランド美術館の1000万ドルの寄付で作られた Gallery Oneが凄い

Gallery-Oneの大画面タッチパネル液晶

今年1月にアメリカのオハイオ州のクリーヴランド美術館で1000万ドルの寄付により実現した「Gallery One」という美術館が凄いです!

何が凄いかと言うと、全面タッチパネルの大画面液晶で視覚的な操作で美術品を見たり、子供はお絵かきしながら美術品を見ることができたり、カメラが搭載された場所では美術品と同じポーズをとるアトラクションや、ipadのカメラを向けると美術品の説明が液晶に表示されるAR技術(拡張現実技術)まで、最新のテクノロジーを駆使した美術館になっており、テーマパークのような美術館です。

さらにipadを持って行くと美術品を選んで保存でき自分だけのギャラリーも作れてしまいます。
以下は Gallery Oneの写真ギャラリーと実際の動画を掲載。

クリーヴランド美術館「Gallery One」の内部の写真

まずは外観。
Gallery-Oneの外観

内観。普通の美術館っぽい場所ももちろんあります。
Gallery-Oneの内部

大画面タッチパネル液晶の数々。圧巻です。
Gallery-Oneの大画面タッチパネル液晶

Gallery-Oneの圧倒的スケールの大画面タッチパネル液晶

Gallery-One全面液晶タッチパネルの視覚的動き

Gallery-One全面液晶タッチパネル

Gallery-One全面液晶タッチパネル

美術品と同じポーズをとることができるエリア
Gallery-Oneで美術品と同じポーズをとる

Gallery-Oneで美術品と同じ動きができるギャラリー

視覚的操作なのでもちろん子供でも操作できます。お絵かきなど。
Gallery-Oneで子供でもできるタッチパネル操作

Gallery-Oneで子供がタッチパネルでお絵かき

タッチパネルのパズル
Gallery-Oneにあるタッチパネルで操作するパズル

ipadをもっていくと、お好きな美術品データを選んで自分のipadに転送できます。
Gallery-Oneでipadに転送する美術品を選択

自分だけのギャラリーが完成
Gallery-Oneでipadに転送する美術品を選択

クリーヴランド美術館の1000万ドルの寄付で作られた Gallery Oneの動画

以下の動画で実際に動いている画面を見ることができます。

さすが日本円にして約10億円分で作られた美術館は圧巻です。
技術的にこういったことが可能であるならどんどんこういった場所が日本でも増えていってほしいですね。
美術館にまったく興味がない人でも興味が出てきそうな凄い美術館ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。