新型コロナウイルス 感染者・遺族の証言「故郷に戻れず逝った父」

新型コロナウィルスに家族が感染し亡くなられた方のインタビューが更新されていましたので、ご紹介します。

新型コロナウイルス 感染者・家族 遺族の証言 故郷に戻れず逝った父
名古屋市に住む81歳の男性は2月末に新型コロナウイルスへの感染が確認され、3月、ふるさとから遠く離れた東京の病院で亡くなりました。1人で父を見送った息子、夫をみとることができなかった妻。亡くなるまでの1か月を語りました。

記事はこちら→新型コロナウイルス 感染者・家族 遺族の証言 故郷に戻れず逝った父

新型コロナウィルス自粛期間ですが、GWが終わってから街では多くの人が溢れるようになりました。
もちろん保障も限度がありますので営業しないといけない店舗や会社があり、多くがGW明けから営業再開したこともありますが、収束してきてはいるものの自粛ムードがゆるくなってきているのを感じます。
このままでは感染の第二波がくる可能性が高くなっています。
この記事を読み、実際に感染した場合の過酷さや、家族の悲しみを今一度噛みしめ、身を引き締めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。