【エボラ出血熱】羽田空港に帰国の日本人が感染の疑い

エボラ出血熱

エボラ出血熱に日本人が感染の疑い!のニュースが10/27午後に発表され大ニュースとなっています。

ですが、下記の報道内容を見ていただくとまだ確定していないのでそこまで現段階で深刻な状態ではございません。

結果が判明次第下記に追記いたします。
2014/10/28にエボラ検査結果を追記いたしました。

報道によると、羽田空港においてリベリアからの帰国男性が微熱があるとして、念のためエボラ出血熱感染かどうか検査すると発表がありました。

男性は40代のジャーナリストで西アフリカのリベリアに8月から2カ月間滞在し、ベルギーやイギリスを経由して、27日夕方羽田空港に到着した際に発熱の症状を訴えました。
現在は血液など採取し、国立感染症研究所に検査のため送っている状況です。

結果は
塩崎厚生労働大臣は、「きょう午後、羽田空港に西アフリカに滞在歴のある男性が到着し、発熱があるということで、国立国際医療研究センターにすでに搬送されて、検査している。検査の結果が出しだい、また、お知らせしたい。結果が出るのは、おそらく明け方になるかなと思う。」と述べていることから明け方結果が出ると思われます。

参考サイト
NHKニュース:厚労相 「検査結果出るのはおそらく明け方」

追記2014/10/28
検査の結果陰性と発表されました。
再検査の結果も陰性ということで大丈夫だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。